menu
閉じる
  1. 乾電池の大きさを変える
  2. 電車内に閉じ込められた話。
  3. 指の骨折 で手術をした話②
  4. 看板と防災
  5. 防災 とは?
  6. iPhone 画面割れ → 修理してまた割れた話
  7. 留学生から見た防災トランプ
  8. 水道 から水が出なくなった日
  9. 指の骨折 で手術をした話①
  10. 有泉 亨さん(解体業)が語る防災
閉じる
閉じる
  1. 防災トランプ長岡造形大学版
  2. 防災トランプ横浜港南区版
  3. ミサイルに対する備え
  4. 環境大臣奨励賞 を受賞しました。
  5. 総務大臣奨励賞 を受賞しました。
  6. 第30回人間力大賞 青年版国民栄誉賞 を受賞しました!
  7. テレビ東京「 TOKYOガルリ 」にて防災トランプが取り上げられました…
  8. 防災 ランタン 作り方
  9. iPhone 画面割れ → 修理してまた割れた話
  10. 乾電池の大きさを変える
閉じる

コツコツ防災|防災訓練を日々の生活から考える

防災トランプがかながわ若者生き活き大賞( キララ賞 )を受賞しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キララ賞

第23回キララ賞(かながわ若者生き活き大賞)を受賞

生活クラブ生協神奈川が主催する第23回キララ賞(かながわ若者生き活き大賞)を防災トランプを含む取り組みが受賞しました。

キララ賞 とは

地域を生き活きとさせる活動、人と人のつながりを豊かに生み出す活動、未来を切り開いていく活動など、オルタナティブな生き方を模索している若者を発見し、応援する活動です。自薦・他薦で応募を受け付け、選考し、毎年2件の個人または団体に「キララ賞(かながわ若者生き活き大賞)」と「副賞50万円」を贈呈している活動です。

受賞対象となった取り組み

防災トランプの開発者である福本塁の取り組みが受賞対象であり、「多様な防災教育活動を通じて災害に強いまちづくりを目指す若者」という題で、エントリーされ、以下のような受賞理由を頂いております。

あなたは誰もが親しめる「トランプ」で、防災知識の普及と人々の関係作りを進めてきました。
「防災トランプのはじめて教室」では若いプレイリーダー中心に多世代交流を促すなど、楽しく、分かりやすい地域防災のあり方を伝えています。
また役場や消防署、自治会とも協働し、具体的な避難行動を検証するなど、実践的なアイディアと行動力を評価します。

取り組みの概要

「災害時に個人がいる場所、置かれている状況はひとりひとり異なる」という前提のもと、「自分に必要な防災訓練を考え実践すること」、「ご近所さんでお互い助け合えるようになること」を課題に、解決の一歩として「防災トランプ」を開発しました。
それを活用して、世代をこえてトランプを楽しみながら防災をテーマに個人の体験談や考えをシェアする場づくりを様々な地域で行ってきました。
多くの人がこうした場づくりに参加するとともに、参加者はトランプを楽しみながら防災について能動的に考える機会を継続的につくり出しています。
また、場づくりを担える人材として、プレイリーダーを育成することで、様々な地域への展開と定着を可能にし、災害に強いまちづくりに寄与しています。

メディア掲載

キララ賞神奈川新聞
神奈川新聞 2014年02月02日
FMさがみ 2014年04月02日

黒岩県知事を表敬訪問しました

黒岩県知事と防災トランプ
2014年2月10日に、開発者の福本塁がかながわ若者生き活き大賞の受賞を受けて黒岩神奈川県知事への表敬訪問を行い、防災トランプを1部進呈させていただきました。
防災の学習スタイルを「楽しく遊び学べる」に変えていくアプローチを神奈川発で国内外に展開していければと思います。
黒岩県知事からも激励頂き、今後の活動も地に足つけて着実に取り組んでいきたいと思いました。

参考:黒岩日記

愛川町長を表敬訪問しました

愛川町長と防災トランプ
2014年3月6日に、開発者の福本塁がかながわ若者生き活き大賞の受賞を受けて愛川町長への表敬訪問を行い、防災トランプを1部進呈させていただきました。
地域の防災訓練については、神奈川わかものシンクタンク発で町の事業を提案し採択されました。
防災トランプは個人の防災訓練として生活目線からさまざまな危険を考えるアプローチとしています。
災害時にみんなが一緒にいるとは限らないため、「誰か」や「何か」に依存する防災は限界があります。
少しでも自分から始められる防災を過去の体験や他者とのやりとりをもとに増やしていければと思います。
森川町長からも激励頂き、今後の活動も地に足つけて着実に取り組んでいきたいと思いました。

The following two tabs change content below.
福本 塁
1982年生まれ。3児の父親。「防災トランプ」開発者。長岡造形大学 建築・環境デザイン学科 助教。博士(工学)。防災士。日常の会話になかなか出てこない「身近な危険」や「災害」について個人の体験談や考えを、楽しく、世代をこえて話し合う場をつくる活動を行っている。
福本 塁

最新記事 by 福本 塁 (全て見る)

関連記事

  1. 道路が冠水したときに車で移動した話。

  2. 第30回人間力大賞 青年版国民栄誉賞 を受賞しました!

  3. 指の骨折 で手術をした話①

  4. 電車内に閉じ込められた話。

  5. 美容室で防災トランプを活用

  6. 交通安全 : バイク事故のボウシはヘルメットから

おすすめ記事

  1. 防災トランプ横浜港南区版
  2. ミサイルに対する備え
  3. 環境大臣奨励賞 を受賞しました。
  4. 総務大臣奨励賞 を受賞しました。
  5. 第30回人間力大賞 青年版国民栄誉賞 を受賞しました!

防災トランプ動画

笑顔のある防災訓練

TOKYOガルリ

防災トランプの社会的評価

防災トランプ

総務大臣奨励賞

環境大臣奨励賞

第30回 人間力大賞 青年版国民栄誉賞

消防庁長官賞

キララ賞

過去の記事一覧

ページ上部へ戻る